地震を予測できることのメリット|強化するには

防災グッズ

今後日本での地震の危惧

瓦礫

情報は常に最新のものを

日本は、表面がプレートで覆われている島国のため、年間で世界の国々と比べても多い地震が起きており、地震大国というイメージがついています。その為、年間で多くの地震が起こっており、その中で被害が大きな地震も度々起こっています。近年では、1995年に兵庫県南部でおこったマグニチュード7.3の高速道路が倒壊した印象が強い、阪神淡路大震災。2011年の福島を中心とした東北地方を襲った、マグニチュード9.0の津波で多数の人が亡くなった東日本大震災が記憶に新しいと思います。どちらもとても大きな災害で甚大な被害をもたらしました。地震は前もって予期しておくことで被害の拡大を食い止めることができる為、気象庁や地震の研究をしている学者などにより、地震の予測が日々行われています。その中でも、現在地震の発生が恐れられている地域が関東になります。関東地震が起こるとなると、人口が密集し、高いビルなどの建築物が多い関東では、今まで以上の甚大な被害が予想されており、注視されています。関東地震は、今後30年の間に起こる確率が70%とされており、現実に起こる可能性が高い自身とされています。予測自体は、過去の地震の周期やプレートの変動などにより導き出しているので、予測の信用度が高いです。その為、関東に住んでいる方やその近辺で働かれている方などは、関東地震がいつ来ても良いように備えが必要です。予測されている情報は、インターネット等で開示されており、関東地震の予測も見れるので参考にしてください。