地震を予測できることのメリット|強化するには

防災グッズ

出来る事と出来ない事

女の人

色々な方法があります

地震大国の日本では、昔から被害を防ぐために予知の方法が色々と研究されてきました。江戸時代には地震はナマズが起こすものと考えられており、ナマズが活発に動くと地震の前触れと言われていました。最近では科学的に前兆を観測することで地震の予知を行う研究が進められています。有名な物としては、地震雲と呼ばれる大規模な揺れが発生する前に発生すると言われる雲を観測する方法です。地盤の時期の乱れにより雲が発生すると言われていますが、科学的に立証されているとは言えません。他にも地下水の水位の変動や、発光現象、動物の異常行動が大きな揺れの前触れとして予知に活用出来ないか研究が進められています。一方、既に防災情報として活用されている予知もあります。それは、大きな揺れの前に到着する小さな揺れを感知して数秒後に大きな地震が発生すると警告を発生する方法です。前触れを検知したら、テレビやラジオで速報を流すほか、今ではほぼ全員が持っていると言っても過言では無い携帯電話やスマートフォンへの配信も行っています。猶予はたったの数秒と言えど、その時間で火の元の処理を行ったり、机の下など安全な場所に避難したりする事が出来ます。なにより、これから大きな揺れが来るかもしれないと心の準備をすることが出来ます。色々な予知がありますが、現在のところはこれが一番正確な予知であり、実際に防災に役立てられている方法です。これから科学技術が進み、地震のメカニズムも解明されていけば更に精度の高い予知が出来るようになると思われます。