地震を予測できることのメリット|強化するには

防災グッズ

防災と避難対策にも有効

瓦礫

時間の余裕

日本にいて、地震予測の研究は急務です。日本は、何時どこで大きな地震が発生してもおかしくない国であり、四六時中どこかで必ず地震が発生しています。その為、今後必ず起こると言われている東海地方を中心とした南海トラフや、関東直下型地震においても正確な情報が望まれています。現在、事前に地震の発生を予測するいくつかの研究機関が存在し、地震予測情報がインターネットで公開されています。これらの研究機関による地震の予測方法は、各地に設置された観測点間の電波などを解析する方法で、震源地や震度などをを予測し情報を公開しています。また花崗岩に含まれる石英から発せられる電磁波ノイズをキャッチして予測を立てる方法も取られています。観測に利用される電波は、VLF・ULF・GPS・FMなどの電波です。これらの電波は地震の前に観測されたり異常変化する事が解っており、時、大きさ、場所に限定して予測が立てられます。提供されている予測は短期の情報であり、二週間以内の発生予測が可能となっています。二週間以内の情報が得られると言う事は、地震が起きるまでに充分な準備期間と考えられ、避難対策を行うにも充分な時間が得られます。また時間に余裕がある事で二次被害による被害を軽減する対策を取ったり、防災の備えと強化に役立つと考えられています。現在、地震予測情報は有料情報となっており、各研究機関の情報サイトから会員登録する事で情報を得る事が出来ます。