地震を予測できることのメリット|強化するには

男の人

出来る事と出来ない事

女の人

地震大国の日本では昔から予知の研究が行われています。まだまだ研究が半ばの方法が多いのですが、大きな揺れの前の小さな揺れを感知して警告を発する方法は実用されています。テレビ、ラジオ、携帯やスマホに情報が入り、火の元の処理や安全な場所への避難に活用出来ます。

今後日本での地震の危惧

瓦礫

世界よりも地震が多い日本では、様々な場所で大きな地震が起こっています。現在では、前もって地震が予測できるようにと気象庁や地震研究の学者などによって、実験が行われているのです。その中でも、最も危険とされているのが関東です。大きな地震に備えて予測による情報はネットなどで確認することができます。

観測網の強化

日本列島と地図

データ収集と集中的な対策

地震の予測は非常に困難で、これまでも想定されている地域とは別の地域で多く発生している。しかし、これらの経験から前兆現象を捕らえるための観測網が非常に強化されつつある。比較的短い周期で発生するプレート型の地震の場合は、過去に発生した巨大地震の周期を目安とすることもできる。現在、特に懸念されているのは南海トラフ巨大地震である。東海地震については気象庁が関連情報の発表体制を以前から作るなど、予測が立てやすいものとして考えられている。予測については観測網の強化によりさらに立てやすいものとなってきているが、いまだ完全なものとは言い切れないため、われわれ国民の安全を守るために、いっそうの観測網の充実や予測の精度向上が望まれる。すでに観測網が整備されているGPSを活用した予測は、これまで発生した地震やその前後の地殻変動を関連付け、発生したひずみと地震の発生するタイミング、地震が発生することがその周辺地域にどのような変動を起こすかなど、多くの情報が蓄積されてきている。この情報をさらに拡充すれば、プレート型のみならず、断層によって引き起こされる直下型が発生する危険性を把握することも容易になるものと期待される。ひとたび巨大地震が発生すると、多くの人命を失い、また家屋やインフラなどに多大な損失をこうむる。地震の予測精度を向上させることで、必要な対策を危険性の高い地域に集中させることも可能となる。国家全体で予測に対する研究を行い、将来にわたるこの国の安全、安心、そして成長に寄与してほしい。

防災と避難対策にも有効

瓦礫

現在行われている緊急地震速報では充分な時間的な余裕がほとんど無いのが現状で、防災や避難対策を取ることは難しい状況です。その為にも、地震の起きる時・場所・大きさを知らせてくれる地震予測情報が今の本には必要です。

突然の地震に備えておこう予測情報がすぐにわかる